アライグマ対策 人間にそれ位の影響力があるならアライグマ

人間にそれ位の影響力があるならアライグマやチョウセンイタチとかの外来種の完全駆除や。レコーディングエンジニア松原真由美:「ニホンオオカミは随分昔に絶滅してしまいましたね 人間にそれ位の影響力があるならアライグマやチョウセンイタチとかの外来種の完全駆除や 農作物を荒らすニホンザルやイノシシ等の本格的駆除をやるべきに思うのですが 」

トレーサー竹内洋平:「アライグマ対策。道ではアライグマによる被害対策として。「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づく防除の実施や市町村担当職員や防除実施」

経営コンサルタント服部桃子:「ミヤイリガイとか沖縄のウリミバエみてーに、ニッポンで生物を人為的に根絶とか絶滅危惧種にした例はあるっす。でもそうしないと、そこで採れた農産物を他の地域へ持ち込めないとか、致命的な病気の原因生物だったとかが理由っすね。質問にある外来種の場合、そこまでの被害や影響は出てないから、お国も腰上げないだけじゃね?そーゆー事業って、スッゲー時間と予算使うっすし。ただ、イノシシについちゃ豚コレラ問題が発生してるんで駆除する可能性アリだと思うっす。さすがに根絶とか絶滅までは目指さないでしょーけど。」

詩人松尾康平:「五箇さんに聞く。外来生物法により。法律で駆除対象に指定されている外来種は。“特定外来生物”と呼ばれます。よく知られているマングースやアライグマなど。畑を荒らしたり。人間に有害な毒」

パーカッショニスト石橋理恵:「宮崎県:ご協力ください。ニホンイタチの全長は~ほどと小型で。茶色に近い毛色です。 写真提供。岩本俊孝_氏 シベリアイタチ アライグマ特定外来生物 全長頭胴長+」

縫製工望月勝:「害獣アライグマの生態と農業への被害について。肉もよく食べ。鶏程度の大きさの動物であれば食物とみなします。 家畜やペットをアライグマが食べるといった事件も後を絶ちません。 アライグマは警戒心があまりなく。人間」

水族館スタッフ内山萌:「今の野生動物は人間が危害を加えることをわかっているから二ホンオオカミの時のようには簡単にいかないと思う」
製パン工田口葵:「●ニホンオオカミには、懸賞金をかけて絶滅させました。」

医薬情報提供者近藤智子:「外来種のチョウセンイタチが西日本に被害をもたらす。悪臭や騒音で私たちの生活を脅かす害獣として注意がしておかなくてはならない害獣とはなんだと思いますか? それはイタチです。 日本に分布する種類は主にニホンイタチ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です