メッセージ一覧 毎日死にたい気持ちしかなく仕事も行きたく

メッセージ一覧 毎日死にたい気持ちしかなく仕事も行きたく。ごめんなさい。毎日死にたい気持ちしかなく仕事も行きたくなくなってきているんですを23倍に高速化した6つの手法。創価学会員です 稲荷神社で拝むと祟られるって本当の話なんですか 取り憑かれるとか聞きますけど 私は今誰にも打ち明けられない悩みがあります そしてお稲荷様に移ろうかと思っています 最近なんだかお稲荷様を見ていると落ち着くんです 諸天善神様や、創価学会については詳しくないんです 赤ちゃんの頃に入信させられていたみたいで、 今の今まで辞めずに信心してきましたが もう嫌な事しか来なくて嫌になりました もちろん自分問題があるのではないかとは 考えてはいます しかし何が正しくて何が悪いのかが分からなくなりました 毎日死にたい気持ちしかなく仕事も行きたくなくなってきているんです 死にたい時は俺に電話しろ。作家?建築家の坂口恭平さんは。自らの携帯番号「??」を
公表し。「死にたい」と思う人の相談にのっている。名付けて「いのっちの電話
」。公表から年間で。かけてきた人は万人…

お金のかからない毎日死にたい気持ちしかなく仕事も行きたくなくなってきているんです?コスパが良い遊び656個まとめ。メッセージ一覧。もうどうせ何をやってもだめだ。もう疲れた。死にたい。死んでしまいたい。
苦しい。 続きを読む現代人をむしばむ?愛着障害?という死に至る病。かろうじて病気になることを免れたとしても。傷つきやすさや苦痛から。
すっかり免れることは難しい。せっかくの人生は。喜びよりも。不快さばかりが
多いものになってしまう。 その不快さを和らげるために。生きる苦痛をうつ病の人の「いなくなりたい」を軽く考えるのは危険/『マンガ。慣れないテレワークにストレスを抱えていたり。子供の面倒を見るのに疲れてし
まったり。「楽しい予定もぐっと減って。なんとなく気分が落ちている……」
という人や。その周りの人にぜひ読んでほしいのがこちらの作品。

みんなのつぶやき。コントロールされてるのがつらい。私は私の好きなように生きたい。命令を従順
にきくのは。ロボットだけでいい。ロボットにはなりたくない。そんなことを
わかってもらえないこともつらい。 はい。しか言えない自分も嫌いだ。 いっそ
消え

ごめんなさい。真剣なご質問でしょうに、笑っては失礼でしょうが、宗教研究の専門家たちの解説によれば、「稲荷神」は我が国では最も古くから信仰されていた「神様」の一つで、農耕民の信仰対象の神様であったらしく、「日本書紀」や、「万葉集」などにも観えるそうですね。東洋も、西洋も同じで、農耕では、畑に、野兎や、野鼠が見つかると、人々はその畑を捨てて、新しい畑を耕すのだそうですね。かの、野兎や野鼠が、植えた作物の根っこまで、食い荒らし、収穫を得ることが出来ないのだそうです。そんな時に、畑に狐の姿を見れば、その畑を捨てて、新たな畑を耕す必要はないのだそうです。農民はうれしかった事でしょうね。何と、狐はイヌ科の肉食獣で、野兎や、野鼠の天敵なのだそうです。西洋ではこのことから、「狐」の紋章をあしらっっている貴族も多いのだそうですし、我が国では、「稲荷神」宇迦之神のお使いとして、そのようなことから、神様の両脇に「狐」が「神の使い」として、添えられているようですね。そんなことで、「稲荷信仰」と「畜生の狐信仰」を一緒にしている人が居ますが、とんでもない間違いですよ。仰る稲荷神社、へお参りしている人々は決して、「狐信仰」等ではありませんからね。お間違えしないようにしましょうね。笑我が国では、由緒正しい古くからの信仰対象とされてきた「神様」ですからね。数々の祈祷功績を認められて、「正一位稲荷大明神」を名乗れる神様なのですからね。さて、「稲荷信仰」について、狐が憑いたなどの話は創価学会の池田大作さんが話しているようですね。zop***さんのご回答参照のことテレビ放映でも見ますでしょ?稲荷神社への、毎年の初詣風景、何百万人ですよね。飛んだり、ひきつった人などいませんよね笑善男善女は、神様にお参りしているのであって、「狐」を本尊として拝みに行っているのではありませんよね。再度申し上げますが「稲荷信仰」とは「神様信仰」であって、「狐信仰」などではありませんからね。創価は排他的だから、他の宗教を認められないんです。日蓮宗の悪習を、さらに拡大解釈して信者に守らせています。「あの宗派/思想/団体は汚らわしく邪悪だから攻撃しなさい、それが信心です」と持ち込むことができるので、口実にするには便利ななんです。私も学会3世で悩んだ時期もあったので、お気持ちよくわかります。神社の神々は祟りなどしません。創価学会が捏造した嘘でしょう。創価学会員です。事実です、実際に、この目でキツネに取り憑きかれるのを見ております、一部始終です、あまりにも強烈で、恐ろしく50年前ですが、昨日のことの様に鮮明に覚えております、あまりにも怖くて子供だった私は1ヶ月は電気付けたまま寝てた位です。何故に、その様な現象が起こるのか?これは感応道交現象です。私達の身体の中には空気があります、身体の外にも空気があります、内の空気と外の空気の交流が呼吸です、私達の中には仏があります、外にも仏御本尊があります、内の仏と外の仏の交流が唱題行です。御本尊と一つになる、この交流のことを境智冥合、あるいは感応道交と言います、この感応は、宗教に関係無く感応現象はあります、もらい泣き、もらい笑い、相づち、等も感応の一種でしょう、心から尊敬してる人がいれば、無意識にその人の身振り素振り、話し方まで似てきます、やくざ映画を観た帰り道では肩で風を切り歩いています、知人の奥さんが言ってました、うちの小さな娘はセーラームーンになりきっている、とこれらが感応です。感応道交は仏教用語で仏と衆生の関係、仏道修行に使うのですが、応用して、当てはめます、元に戻りますキツネに取り憑かれるのは最初に述べた感応道交現象です、道交は交流です、本尊とは根本として尊敬する対象キツネを本尊として拝めば、私達の中にある生命の働きの一つ、「畜生界」と外にあるキツネの中の生命の一つ「畜生界」との交流で一致します、ですので正確に言えばキツネが取り憑くでは無く感応道交で一つになり一致と言うことです、最後に一部始終を見た、の話しです、これは何でも当たる予知能力のある祈祷師の方を父が折伏したときの話しです、その方の予知能力は優れており、一例をあげれば、相談者の人が今日パチンコに行きますが、勝つでしょうか?祈祷師の方は後ろを向き祈祷されます、そして、こちらを向き、勝ちます、何発出ます、と玉の数まで当てるのです、当時、父は草創期の地区部長であり累計300世帯の折伏の名人とも言われバリバリの学会員です、その祈祷師さんの所へ2つ違いの兄を連れて父が祈祷してもらいに行ったのです、兄と言っても、まだ子供、二人を目の前にし、祈祷師の方は分かりました、と言って後ろを向き祈祷されます、が、なかなか終わりません、しばらくして、こちらを向き、お引き取り下さい、あなた方は、とてつもなく位の高い方です、私のおよぶものでは、ありませんお帰り下さい…とそれ以降は全く予知が当たりません、答えが出ないのでしょう、何故、当たらないのか?不思議に思い、父の誘いで、創価学会の会合に参加されたのです、我が家です、ここまでは父の証言で、次からは私の目で見たものです、この祈祷師の○○さんは女性で、小柄で品が良く70才位です、着物で参加されており、口数は少なく、おっとりとした感じでした、会合の参加数は30名位で最初に勤行をします、○○さんは父の左側に座っていただき、もちろん勤行は手を合わせるだけです、お題目は簡単ですので唱えられていたようですが、私は○○さんの右後ろ、4列目位の位置です、勤行が終わり、お題目に入ってから、すぐに○○さんの体が震えただし、手は上下に、祈祷してるような感じです、震えがしだいに大きくなり、ガクガクと言った感じです、しばらくして、その場で正座のまま跳びはねるのです、そして跳ねながら場所を移動するのです、その姿は犬が二本足で立ったまま、ピョンピョンと移動する形です、手も犬のように前に出し、目は吊りあがり、口はとがり、まさしくキツネそのものでした、壁の方へ向かい壁を手で穴を掘ろうとしているのです、逃げたかったのでしょうね、父は数珠で、○○さんに、キツネに対して、出てふせ出ていけ鬼神めらめ、出てふせ、と何回もしますが、キツネは出ていきません、あまり長くすると精神に異常をきたす恐れがあることを知っていた父は、題目を終了します、父は過去にも何回も経験しており、全てのヘビやキツネを追っ払っています、今回だけは手強い相手であり、やはり祈祷師、長年に渡りキツネ信仰を強情にしてきただけに、なかなかキツネが出ていかない、題目を終えると、普通の○○さんに戻り、本人に状況を聞くと、御本尊が目の前に来てるそうです、体が動いたり跳ねりは分かっているが自分の意思ではありません、と、体が勝手に動くのです、父は日にちを開け2回目、また日にちを開け3回目、4回目と続け、だんだんとキツネも弱くなり1ヶ月後にはスッカリ出なくなりキツネは完全に出て行ったのです、そして○○さんは地元に戻り、学会活動にはげみ、幸福になり、最期は、見事な成仏の相でお亡くなりになったそうです、お稲荷さんを拝むと祟られる、キツネが憑くなんていうのを心配するのなら、止めといた方が良いと思います。ただし狐憑きを防止するためにという話じゃありません。なんか既成事実みたいに断言する愚か者がいますが、こういうことは物理現象ではありません。塩酸と水酸化ナトリウムを混ぜたら塩ができるということに例外はありませんが、お稲荷さんにお参りした人間が全員狐憑きになんかならないのです。うちの地元の小さなお稲荷さんは子供の遊び場でもありましたので、僕自身も何千回とお参りしましたし、近所の子供も大人もそれこそのべ何十万人もがお参りしているはずですが、ただの1例たりともキツネがついたという噂を聞いたことがありません。何が正しくて何が正しくないかというのは難しいですね。正義面して嘘を吹き込む詐欺師がゴロゴロしていますから、宗教カテは特に悪いですが、とにかくちゃんと考えちゃんと整理すればおのずと見えてくるはずです。古刹ならばどんな神社もきちんと敬い、そして近づき過ぎない。怪しげな新興宗教の事務所のようなところには敬うなんて自殺行為。ちなみに創価は怪しげな新興宗教ですよ。何が正しくて何が悪いのかを知ろうとする努力はするべきですよ。稲荷神社の教えや創価学会の教えを自ら学んで比較して、どちらを信仰するのかを判断すべきです。少なくとも、この知恵袋では、まともな回答は期待できませんよ。スピ的に回答しますと。稲荷神社でまともな神様がいるのはごく一部です神道では分祀という考え方をしますので、総本宮と同じ神様が全国の分社にも居るとします。しかしスピ的には、神は一ヶ所にしかいません従って他は別物です稲荷神社の場合は総本宮が、京都の伏見稲荷大社しかし、神様である宇迦之御魂は、本殿にはいません稲荷山の一番上のお宮に居ますだから、稲荷山に登らないと意味がないのですね全国にある4万社の稲荷神社には、宇迦之御魂はいません別の存在です4万社もあると複数、宇迦之御魂以外の有力な祭神が居ますしかし大半の稲荷神社には、それほどレベルの高い神はいませんむしろ眷属のたぐいが、祭神として居座っていたりします結果、稲荷神社は参拝するなら生涯、絶えることなく参拝し続ける覚悟が必要な場合が多くなります有力な霊能者でさえも、幼いときから近所の稲荷神社に参拝していたので、ずっと参拝し続けなければ、不味いと述べてます稲荷神社は、継続参拝を要求することが多いからですこのことは昔からよく知られていて、一般に稲荷神社と龍神は参拝を怠ると祟るといいます昔から、稲荷神社に参拝を怠ると、女性が不妊となったり流産するといいます。一方龍神は、参拝を怠ると子供が水の事故で死ぬと言います恐らく昔からの言い伝えやその噂を聞かれたのではないかと思いますではどうすればいいか、直感的に良い神社と感じた稲荷神社以外は近寄らないことです。人の感覚は以外に優れてます私の場合は、多少の霊感があって、神社の神気やパワーが分かりますその為パワーのない神社仏閣には行きません稲荷神社には時々、かなり嫌な感じの社があります恐らく低級霊でしょうまたプロアマの霊能者やスピリチュアルワーカーとよく情報交換してますので、めぼしい神社の情報は全国分持ってます池田大作監修『折伏教典』昭和39年版、P191このイナリを一生懸命拝むと、口はとがり、目じりはつりあがって、顔だちや体つきまでキツネそっくりになり、ぴょんぴょん飛んだりはねあがったりし、油揚げがあれば、一目散に飛んで行く。いわゆる「キツネツキ」とよばれる精神異常者になってしまうのである。—-◆文献によると江戸の町はお稲荷さまだらけだったとあります。「江戸街中稲荷のないところはない。地所があれば必ず稲荷社を安置して地所の守り神としている」絵本江戸風俗往来江戸の人口の半数は武士でした。武士は棒禄米をお金に換金して生活していたので「米」が金銭と同義語でした。このような武士の「米」観念が、農耕神としての稲荷信仰に結びついたと考えられます。◆江戸の武士の家庭が「キツネ憑きだらけ」だったなんて話は聞いたことありません。なお、神の使いは狐だけではありません。春日神社の鹿日枝神社の猿八幡神社の鳩熊野神社の烏大黒天の鼠弁財天の蛇鹿の働きが邪な信仰などに誘発されると鹿のようになってしまうのでしょうか?同じように、猿、鳩、烏、鼠、、、ありえません。ところで、、、似たものは似たもの同士に関連しているはずだという誤った考えから原始的な医療技術が生まれました。たとえば、古代中国では、視力障害の患者にコウモリを粉末にして飲ませていました。これは、コウモリが特にすぐれた視力を持ち、その能力の一部を患者に与えることができるという誤った考えに基づいています。イナリを一生懸命拝むと、狐のようになってしまうという考えと、似たものは似たもの同士に関連しているはずだと考えた古代人との間に発想の共通性を認めることができます。いや、、、科学が未発達な古代人ならいざ知らず、昭和39年の時点冒頭参照において、このような発言をするなんて、どう考えてもマトモな指導者教団とは思えません。学会とは関係なく、稲荷神社で拝むと狐にとりつかれます。ぴょんぴょん飛び跳ねるようになって精神病院閉鎖病棟に入れられます。狐憑きって昔から言うでしょ。貴方がお稲荷様を見て落ち着くのは、何の不思議も瑕疵もありません。あくまで拠り所であっていいのですよ。何にどう祟られるって誰が言ったんですかね?池田センセーの指導ですかな?どうせ若かりし頃に他宗教である神道否定の発言に、学会員が尾ひれはひれをつけて騒ぎ、その中で育った貴方が刷り込みをされていただけだと思いますよ。キツネは神の使いであり神ではない事すら知らないまま、神社=キツネと池田センセーが言ったから、間違っているはずがないってね。↓ ↓ ↓soukaonlyone22:49:11学会には、邪教を滅ぼし反学会勢力を一匹残らず処分する権利があります。日蓮正宗や顕正会などの邪教はもとより、世界を惑わす最大の宗教キリスト教やキツネ信仰の神道を討ち滅ぼさなければ、本当の平和は訪れません。lion_king_sgi81807:55:38キツネに拝んできいてみろよ、おまえら何が間違ってるかって笑葬式専門カルト変態ロリコンキツネ邪教はおとなしく葬式だけやってろ。>しかし何が正しくて何が悪いのかが分からなくなりました。毎日死にたい気持ちしかなく仕事も行きたくなくなってきているんです。アナタの今の実態を良く現しています。仏法哲理では悩乱した状態です。正論も通じませんね。創価学会で、何を学び、教わって来たのですかね?そう騒いでいるバ会員の頭に、魔が取りついているってことでしょうそんな事ありません、該当する人は稲荷社前で立ションした人のみです、症状は男性機能を失い生涯起ち上がるは皆無のようです??。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です