条件付き確率 ゆえにnA∩Bはaとbが当たる場合の数とし

条件付き確率 ゆえにnA∩Bはaとbが当たる場合の数とし。そんな難しく考える必要ないAが当たりを引いたから総数も当たりの数も1ずつ減るP[A]Bは9本中2本の当たりを引く確率PA∩Bを求めようとしているのに条件付き確率を求めるためにnA∩Bを知る必要があるのでこの場合は条件付き確率を公式で算出しようというのが本末転倒。お客をお呼びしたゆえにnA∩Bはaとbが当たる場合の数として2ですがが総額59,986円で完璧に出来たお話。条件付き確率についてお尋ねします
写真貼付しています(1)(ア)の解説の中で、
3/10×2/9=1/15とあります P(A)=3C1/10C1=3/10は理解できたのですが、
2/9の部分は、
PA(B)=n(A∩B)/n(A)に基づいて求めたものと
思い込んでいます
ゆえにn(A∩B)は、aとbが当たる場合の数として、2ですが、
n(A)は、aが当たる場合の数 と解釈してしまって、
よくわかりません 補足には、
aが当たったとき、bは当たりくじを2本含む
9本のくじから引く とありますので、
それで9なんだなと理解はできますが、
公式に当てはめたとき、n(A)の部分である9を理解するのに
わかりやすくご説明いただけないでしょうか ヨッシーの八方掲示板。名前。我疑う故に存在する我 日付。月日木 時分 出題の意味意図が
不明です。 #積関数の定積分の部分積分の特別な場合をまれにアベールの
恒等式という場合があります。 この場合片方が ^-, すなわちラプラス変換を
考えて

条件付き確率。女子で音楽を選択している人数 nA∩B= = 例 ~時間の経過に
沿って確率が絞り込まれると考えると分かりやすい例~このくじをA,Bの
順に引き,引いたくじは戻さない場合,Aが当たったときにBも当たる確率n
A∩B= = ※ 確率は未来に向かって投げかけられた可能性と考えるのが
自然ですが。確率。条件付き確率は「図の1行2列目の「1人目に男子が
生まれて。2人目に女子が生まれる場合」が分母として含まれるところが
ポイントです。

そんな難しく考える必要ないAが当たりを引いたから総数も当たりの数も1ずつ減るP[A]Bは9本中2本の当たりを引く確率PA∩Bを求めようとしているのに条件付き確率を求めるためにnA∩Bを知る必要があるのでこの場合は条件付き確率を公式で算出しようというのが本末転倒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です