法律問題でお困りの方へ『よくある質問』にお答えします こ

法律問題でお困りの方へ『よくある質問』にお答えします こ。不正解です。【保存用】かつてネトゲで24人を率いたお姉さんの「マネジメント論+この場合Yは現実に支出した治療費についてはXに損害賠償を請求することができるが見込まれていた収入のうち休業により得られなかった額についてはXに損害賠償を請求することはできない」。XがYに暴行を加え負傷させたため、Yは休業せざるを得なくなった この場合、Yは、現実に支出した治療費については、Xに損害賠償を請求することができるが、見込まれていた収入のうち休業により得られなかった額については、Xに損害賠償を請求することはできない

正解でしょうか 不正解でしょうか

分かる方、よろしくお願いします 法律問題でお困りの方へ『よくある質問』にお答えします。まだ首と背中に痛みが残っていて病院に通っているのですが。保険会社から治療
費の支払を打ち切ると言われています。典型的な交通事故の形態について過去
の裁判例などを参考に作成された過失割合基準が公刊されており。保険会社は
現在。交通事故の実務では。有給休暇を使用した場合でも休業損害が発生した
こととし。補償をすることになっています。過去の裁判例では。事故により
廃業を余儀なくされた場合の費用や。事故により長期休業した影響で客離れが
生じて売上

No。交通事故などのために。被害者が次のような治療費。慰謝料。損害賠償金などを
受け取ったときは。これらの損害賠償金の金額が含まれている場合には。その
補てんされた金額に相当する部分については。各種所得の収入金額とされます。
具体的には。事故による負傷について受ける治療費や慰謝料。それに負傷して
働けないことによる収益の補償をする損害賠償金 不法行為その他突発的な
事故により資産に加えられた損害について受ける損害賠償金などこのページの
先頭へ

不正解です。任意の協議は当然ですが、司法の場で争ってもYは「請求すること」はできます。司法が逸失利益まで認めるか逸失利益分が支払われるかは分かりません。不正解。質問文からは、そのような解答になる。逸失利益得べかりし利益ってやつですね。状況によって様々であり、どこまでが本来得られるべきであった利益なのか?この手の問題はジャッジが非常に難しいんです。状況の仔細を専門家に伝えて相談してみないことには、簡単に正解?不正解は出せない問題ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です