確認の際によく指摘される項目 それを言うならパーリ経典も

確認の際によく指摘される項目 それを言うならパーリ経典も。こんばんは。TOEIC556点台でも952点を超えられる勉強法を一気にまとめてみた。仏教を知らない人は、法華経は釈尊が説いた教えではない
と言いますが
それを言うなら、パーリ経典も釈尊が直接、説いたわけではない
ですよね 初期の経典も釈尊の死後、説かれたものです

結局、釈尊は経典は(直接は)残していません

死後に弟子が編纂したものです 確認の際によく指摘される項目。それでも。釈迦の生の思想原始仏教と言っていいが多く含まれていると考えて
間違いないであろう。そんなに気合いを入れずに読まなくとも。気が向いた
ときにパラパラとめくるだけで もブッダの人となりが伝わってくるような本。
仏教さらにはブッダ自身の言葉を反映しているパーリ語経典は「法句経」などの
若干の例外を除いてあまり正確に伝わらなかった。ブッダが「あらゆる信仰を
捨てよ」と説いたなら。現在日本中。世界中に広がっている宗教としての仏教は
一体?

仏教。バラモン教は前ほどの権威と勢力とをもたず。旧来の階級制度カーストは
崩壊しつつあった。原始仏教の聖典としては。パーリ語の聖典と。これに相当
する漢訳諸経典阿含経あごんきょうなどおよび少数の最近代では非
仏教国であるインド?ヨーロッパ?アメリカなどにも新しい仏教の運動がおきて
いるが。特に信仰の合理性と徹底した無からブッダの直接の教えを取り出す
ことは。困難というよりも不可能に近く。少なくとも諸資料に関する文献学が
欠かせない。

こんばんは!なっちゃんです!仏教を知っている人が、「法華経は釈尊が説いた教えではない」というのではありませんか? お経典というのは、お釈迦様の教えを基にして編纂され、文字化されたものですから、お釈迦様の説いた通りではありません。パーリ語経典崇拝者は、大乗のお経典を作りものだといいますが、パーリ語経典だって作りものですから、そのような議論は通用しません。なにしろ、お経典が文字化されたのは、パーリ経典も大乗経典も同じころなので、そのことで論争してもしかたがありません。要は、そのお経典を読んで、智慧を完成させることができるかどうかが重要です。以上、なっちゃんでした!釈迦が何の説法してようが、後の時代に勝手に都合よく解釈され商売道具にされた事に他ならない。そんな意味不明な仏教を後生大事に扱う仏教徒が馬鹿なだけさ。σ′?ω?`.???要は法華経は釈迦ゴータマシッダールタが説いた教えでないとかを知らん人は知らんゾ笑。確かにゴータマ様はご自身で執筆活動をなされてはいないようだ。教養は無いハズがない、元弱小とは言え釈迦族の王子だったんだ…ってな話も知らん人は知らん ??? ?_?????。確かに現在の仏教は弟子が編纂しさらに直接教えを聞いてさえいない方々がさらに?o○な、ワケだけども&漢文Σ@_@;日本ではネ。明らかに、ゴータマは漢字文化の方でさえ無いハズだからこれは…ねぇ~笑。しょっぽクン世界の仏教学会で「法華経は釈尊の直説なんだ?!」と叫んだところで誰も相手にはしてくれません。日本の仏教各宗派の教学専門の僧侶ならばそのことは当然知っています。知ってはいますが、それを公に信者の前で言うことはないでしょう。浄土真宗の本などを読むとそのあたりの研究をよくしています。どうしてもそれを認めたくない場合、自らの宗祖の方が釈尊より上だ、と言う説を繰り出したりします。いわゆる「宗祖本仏論」です。しかもその宗祖を「宇宙の真理」などと言いその真理によって釈迦は悟ることができたので釈迦より偉いなどとのたまうようになるのです。本人たちは気づいていないようですが、それでは仏教教理ではなくバラモン教ヒンドゥー教になってしまうのです。全ての経典は、弟子たちが書き残したもの。全ての経典に釈尊の慈悲が入っている。そこから釈尊の願い慈悲を読め取れなければ意味はない。そうだろうが、法華経よりはお釈迦様の教えに近いでしょう五時八教をさも証明された事実のごとく語れば、仏教をよく知っていると褒められたりして???不殺生など在家信者が守らねばならないとされた『五戒』は原始仏教時代根本分裂以前にすでに成立していたもようです。岩波仏教辞典五戒や戒律は『律蔵』に説かれていますが、僧団の分派に従い20の部派ごとに伝持されたといいます岩波仏教辞典この『律蔵』の中に、ソーナという比丘が『義品経』パーリ語聖典を釈尊の前で全部残らず説いたので、釈尊からお褒めの言葉を受けたということが記されています。水野弘元博士は、これによって、『義品経』が釈尊在世からすでに成立し、弟子たちによって学習されていたことが分かるという趣旨の説を発表しています。経典はいかに伝わったか南方セイロン所伝によると、釈尊より200年ほど後に現れたアショカ王により、第3回の仏典結集が行われ、この時に経律論のパーリ三蔵が整備され、その後、暗誦口授されてゆき、西紀1世紀に在位したヴァダガーバニー王のときに書冊に筆録したと伝えられます。佛教書誌学/佛教大学?坪井俊英これがパーリ語三蔵経の筆写の初めです。最古の経典というのは、それは成立の原型のことを意味するのであって、決して筆録が古いわけではありません。いずれにせよ、どの部派の経典もその根っこは第一結集に遡るということは出来ると思います。大乗非仏説への反論としてはよくある意見ですが、パーリを相対化すれば法華経の価値が上がるのでしょうか?法華経を見ればパーリの元になった伝承アーガマをベースに創作されていることは明かですから、もしもそれが信用できないということになれば法華経の価値はなおさら低下するだけですよ。まともな大乗仏教徒もそれがわかっているから、やりたい放題に経典を創作しつつも、あくまでアーガマ?パーリの内容を尊重したし、それを捨てようとはしなかったのです。言い替えれば、それが仏説だと知っている、信じているということです。原典を釈迦の言葉とするならばどれだけ釈迦に近かった人が書いたかがキモ何でしょうねというか仏教知らない人はパーリ経典なんて知りませんからパーリ経典は釈迦が説いた教えではないなんて言うこともありませんよパーリ経典と大乗経典では、創作のレベルが全く違います。阿含などのパーリ仏典は、釈迦入滅後、弟子達が結集を開いて、摩訶迦葉が中心となり、多聞第一の阿難が教法を、持律第一の優婆離が戒律に関するものを結集し、集まった五百羅漢達の統一見解として詩頌にまとめて記憶し、伝承されたものを後に編纂したものです。後に付け加えられたであろう部分もありますが、釈迦の直説を多分にのこすと言われます。一方、大乗経典は、実際の釈迦の言葉か?と言ったらそうではなく、時代の流れと共に、様々な思想を取り込みながら、後に創作されたものです。創作されたからと言って、全くの別物か?というとそうではなく、あくまで仏教の伝統的思想を基盤にしたものではあります。だから、大乗のお坊さんに聞くとパーリ仏典は仏陀が実際にしゃべったこと。大乗経典は仏陀が考えていたこと。お釈迦様の考えていたことを推し量って経典にしたものみたいな表現をしたりします。パーリ側の人からすると異論があるかもしれませんがしかし いかんせん大乗経典は、余計なものがいっぱいくっついてしまっているんですよね。お釈迦様が言うはずのないようなものが。だからパーリ側の人からは、大乗経典はダメだって言われちゃうんですよ。教典は後の後に悟れない者によって書かれた書物で90%デタラメよですが教典、聖書をヒント材料とし飛躍して閃きインスピレーションで覚て行く。だけど、大乗と現在の上座部のルーツである部派仏教の全てが「ニカーヤ」アーガマ。阿含。口伝された教え。原義は”伝承”を根本にしており、そのニカーヤのみを今でも唯一の拠り所としいるのが現在の上座部であり、ニカーヤが釈尊の直説という「立場」は大乗でも変わらんのよ′?ω?`で、”大乗経典”も直説とした「立場」が大乗。というわけで、大乗派でも論理的に考える人、そして現在の上座部の支持者はもちろん、アーガマ伝承で伝わったところの阿含経?パーリ仏典に釈尊の直説が含まれている可能性は高いと見ているのです。如是我聞ですからねぇ!聴いた人のレベルで、佛教経典が多く書き残されたのです。理解力に応じてねぇ~今も、順序だてて!学べば!?良いね。ま~ねぇ!今の時代に佛教は時代錯誤?ですけどね。神性復活する事が必要な時期なのです。パーリ語は紀元前から有りますから釈迦の死後数百年と経ってはいないはずですです。ですからほぼ釈迦が言い残したことに間違いはないでしょう。その通りですね。今の仏教は全て仏陀の教えのまた聞き、あるいは捏造でしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です