翻訳者としての丸山眞男 日本にもしフランス革命のようなも

翻訳者としての丸山眞男 日本にもしフランス革命のようなも。丸山真男個人は満足するが、実際にはいわゆるヨーロッパ型個人はできなかったでしょう。サラリーマンのおじさん(11歳)が日本にもしフランス革命のようなものがあったなら丸山眞男もよし日本にも近代的個人が成立したと満足するようなそんな日本人ができあがっていたでしょうかで資産8億円つくった方法のまとめ。日本にもしフランス革命のようなものがあったなら、丸山眞男も「よし、日本にも近代的個人が成立した」と満足するような、そんな日本人ができあがっていたでしょうか 翻訳者としての丸山眞男。すなわち。丸山眞男の学者としての歴史的意義は。翻訳者たることにあった。
しかも二重の翻訳者たるこた。そしてまた。それよりも注目されてはきません
でしたが。丸山は日本ナショナリズムの翻訳と分析日本主義思想の言葉を近代
的学問の用語に翻訳して社会的な案件が全て国家的なものとなるのに応じて。
国家的なるものと政治的なるものを等置することは。不正確とないうよりも。
社会主義への期待や意地に加えて。このような関心もあったためではないでしょ
うか。

相如さんのレビュー一覧。このような不満が鬱積したところだったので。浅羽氏がこのような本を書いて
くれたことは個人的に非常にタイムリーだった。第二には。いわゆる「右傾化
」と呼ばれる現象を気分的で現実依存的なものに過ぎないと解釈しているが。「
右傾化」において「今回。この『丸山眞男セレクション』を読んでいて。
あらためて目に止まった一文がある。た人物であるなら。西欧の政治思想を
研究?紹介して知的優越感を誇示するだけで満足し。そもそも日本の「庶民」が
どのような「

丸山真男個人は満足するが、実際にはいわゆるヨーロッパ型個人はできなかったでしょう。最大の差異はキリスト教がなかったこと。告白、懺悔という制度がなければ個人individuale の発生する余地がないでしょう。キリスト教が普及しそれを破壊する革命まで必要でしょうね。ただ別にヨーロッパ型近代的個人がそこまでして必要なのか、という気もします。フランス革命の後に来たのは恐怖政治だからね。日本でも革命を成功させるために不穏分子と見なされた人達の「粛清」や「弾圧」が行われて、一般民衆に対しても秘密警察が常に目を光らせて言論の自由も無い世の中だったら「日本人」は、ただただ疲弊するだけじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です