道路も建築物も何もないそういった痕跡すらない山や丘などの

道路も建築物も何もないそういった痕跡すらない山や丘などの。①、歴史では太閤検地とか総ては、その土地から得られる収穫に課税を目的に土地の検知をしています。道路も建築物も何もない、そういった痕跡すらない山や丘などの一部が独立した地名を持っていることがありますが、 大昔には道が通っていて家や何らかの建築物などが建っていたからこそ固有の地名を持っているのでしょうか

人が住んでいない地域をあえて区切って地名を付けることってあります 道路も建築物も何もないそういった痕跡すらない山や丘などの一部が独立した地名を持っていることがありますがの画像をすべて見る。

①、歴史では太閤検地とか総ては、その土地から得られる収穫に課税を目的に土地の検知をしています。また、商店は道路から間口の幅で明治以前は検知後の地名地番を付けて、その約方が管理をしました。②、明治22年以降は、市町村ごとに課税目的で公図に住所地番ごとに課税対象の面積を知る公図を作りました。その後に法務局の登記係が公図や地籍図、土地登記簿謄本の管理しています。③、市町村では、②の写しで固定資産税係は、土地や建物に固定資産評価と課税が現在に至っています。また其れを利用して、住所地番の基本としています。住居表示地区では登記係と地番と番地は異なる。最後になるが、住所のない所はなく地番のないのは国有地とします。領地争いで、飛び地が発生して、その後、地名だけが変わったとかでしょうか?無人ですか、関西には結構有りますが住宅地ですからね。アラブ首長国連邦とオマーンの国境は、かなり入り組んでいますが、人が居ますね。国の飛び地ですので、当然名前は違います。戦国時代から江戸時代まで、何度も検地が行なわれてきた。その度に土地の所有者や村の境界などが調べられ、記帳されています。人が住んでいないような場所まで調査されていたわけで、そこを支配していた大名の権力が強ければ強いほど、調査は隅々まで厳格に行なわれました。江戸時代ともなれば、地名の無い所属不明の土地は、ほとんどないでしょう。中には村の境界が不明で、両村がそれぞれ幕府に訴えて、裁判が行なわれた例もあります。人が住んでいなくても、里から見える山なんか名前がついています。人が住んでいなくとも、雲がかかると、ふもとの平野部が雨になる山頂部薬草や珍味がとれる草原水源となる湿地などなど、自然現象に基づく地名はあろう。飛び領地になっていた場所は、周辺と違う地名が付いてます、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です