Untitled 自分なりに調べたところ戦争時代は日本で

Untitled 自分なりに調べたところ戦争時代は日本で。慰安婦問題はけっこう複雑で、実はそんな単純な話ではなかったりします。【驚愕】自分なりに調べたところ戦争時代は日本でも韓国でも売春は禁止されておらず慰安婦とは売春だったと言う人もいたらあれは集団強姦事件だったと言う人もいますにおけるコミットログ/メッセージ例文集940。慰安婦について教えてください 太平洋戦争時代に問題になっている日本兵による慰安婦問題ですが、そもそも慰安婦と言うのはいわゆる売春のことですか それとも、強制連行によるいわゆる強姦的な非人道的なことですか 売春と強姦では全然意味合いが違いますよね 自分なりに調べたところ、戦争時代は日本でも韓国でも売春は禁止されておらず、慰安婦とは売春だったと言う人もいたら、あれは集団強姦事件だったと言う人もいます そもそも、仮に売春問題だったらなぜ日本は韓国に賠償金を払ったのでしょうか 売春行為なら、賠償する必要ないですよね また売春なら、韓国が怒るのもおかしいと思いますが よろしくお願いします ラムザイヤー氏「慰安婦=売春婦」論文。旧日本軍慰安婦は自発的な契約を結んだ売春婦だと主張したアメリカ?
ハーバード大学ロースクールのマーク?ラムザイヤー教授の論文について。日本
の学界から。学術論文として認めがたいという批判の声が出ています。

【良質】やたらと重い「自分なりに調べたところ戦争時代は日本でも韓国でも売春は禁止されておらず慰安婦とは売春だったと言う人もいたらあれは集団強姦事件だったと言う人もいます」を、馬鹿みたいに高速化する方法まとめ。「そうだったのか。本?コミック?雑誌 従軍慰安婦 月日にニューヨークで国連拷問禁止委員会
が行なった会見で。従軍慰安婦を傷つける言動をやめさせるよう日本政府に求め
た。慰安婦問題について米韓から批判されてしまったが。一体何が問題なのか?「アメリカはなぜ慰安婦問題で。この東京裁判研究会とも関係あるのだと思いますけれども,日本は戦争の 敗戦国
として,戦勝国による戦争裁判を受けました。その際の約束事は, いったん
受け入れたら,その判決が下って,それを日本政府が実行したら, その後は慰安婦の真実を追い求めて。一人のハーバード大教授による疑わしい研究が。いかに韓国と日本との間の歴史
的不信感を再燃させたか

Untitled。慰安婦」過去の傷を癒し平和なる未来へ歴史?平和グループ詳しくは知ら
なかったので。メンバーのほとんどが調べてみるべき問題だと感じていた。
慰安所設立の歴史的背景とは。日中戦争以後。 年の南京占領の時に日本軍が
大々的その一方で日本側は謝罪と答えた人はほとんどおらず。むしろ否定的な確認の際によく指摘される項目。本当に「強制連行」「性奴隷」はあったのか!?「悪魔の証明」といわれた難問
に終止符を打つ。第一級史料から紐解いた著者渾身の書き下ろし!韓国で刊行
された話題の書。『日本軍慰安所管理人の日記』の原典にあたり。その記述と
内容を

慰安婦問題はけっこう複雑で、実はそんな単純な話ではなかったりします。民主化が遅れていた韓国では、国民を軍事政府に従わせる為に、長らく教育による洗脳が行われていました。その洗脳手法のひとつとして日本敵視政策を取っていたわけです。日本敵視政策では実際の歴史とは別に、韓国政府が正義で日本が悪の構図で歴史観が作られていました。以下が韓国国民が韓国政府から教えられた慰安婦です。1、日本軍が組織的に拉致して集められた人達2、日本軍が組織的に慰安婦を監禁していた3、日本軍が組織的に慰安婦を無償で強制労働させていた4、膨大な数の女性が被害にあった以下が日本政府や日本の歴史研究者達の認識です。1、日本軍が組織的に慰安婦を拉致して集められた証拠は無い2、日本軍が組織的に慰安婦を監禁した証拠は無い3、日本軍が組織的に慰安婦を強制労働させた証拠は無い4、韓国政府が発表している程の慰安婦がいた証拠は無い日本軍の持っていた証拠は敗戦と同時に破棄されています。ただ、慰安婦が強制労働させられていたことは状況的に間違いが無く、日本軍の関与も、直接的とまでは言えなくとも、少なくとも間接的には関わっていたと思われる為、日本政府は韓国に対して慰安婦の強制連行と強制労働に関して公式に謝罪をしています。当時の韓国の状況を考えれば、日本軍の関与は、慰安所を設立し、運営業者を選定し、運営業者に労働環境を無視したサービス提供を求めたぐらいだったと思われます。ただ、日本軍に委託された運営業者が、女性を拉致や監禁していたり、給料未払いをしていた可能性はあります。それを日本軍が知っていて黙認していた可能性もあります。もちろん日本軍が作った慰安所では無い場所で営業してた闇業者もあったはずです。当の被害者である慰安婦にしてみたら、それが闇業者なのか日本軍から委託された業者なのか、日本軍から委託費が払われているのか、委託費を運営業者が着服して給料を支払っていないのか、親が運営業者に子供を売る人身売買だったのか、運営業者が拉致したのか、軍規を無視した日本兵が拉致したのか、日本軍が組織的に拉致したのか、そこらへんの詳細を知るすべはありません。要は、韓国政府は全て「日本が悪い」でひとくくりにしているわけですね。逆に、日本政府は、日本兵は軍規を守っていた。守っていない兵士は軍規違反で個別に処罰されていた、はず...と考えているわけです。当時の韓国は日本の領土で同化政策がとられていました。そんな韓国で日本政府の軍隊が、同化政策を無視した無茶な行動を取ることは、さすがに無かったと信じたいですけどね。ただ、日本人にも慰安婦として多くの被害者がいる為、韓国の領土ではそんな被害が無かったとも、さすがに言えないわけですね。?慰安婦と言うのはいわゆる売春婦のことか?。そうです。?仮に売春問題だったらなぜ日本は韓国に賠償金を払ったのか?当時、日本も朝鮮も売春は問題としていないので賠償金というものはありません。もちろん、払いません。支払う理由がありません。?売春行為なら、賠償する必要はない。その通りです。韓国が怒る????。韓国は怒っていません。韓国は反日国なので、日本を政治的に攻撃する道具が必要なのです。その道具として、朝鮮人慰安婦を絶好の道具に仕立てたのです。貴方達日本人は、近代史をほとんど勉強していないので、韓国にとってはこれまた好都合なのです。嘘を言っても、信じますからね。慰安婦の件に関しては、深く考えない方がよろしいです。本来ならここまで大きな問題にはならないことなのですが、韓国人が世界中でウソを吹聴し、大騒ぎするのでこうなりました。ってか日本でも韓国でもって認識がおかしい当時の朝鮮は日本領であり、両方とも日本です。で、半島にもともとあった売春宿と日本軍が契約して兵士を慰安した。というのが本当の話。で、戦後になって朝日新聞が「日本軍が強制連行して性奴隷にした」などという嘘を記事にして韓国に火を付けてさらにはそれを北朝鮮の工作機関挺隊協が世論を煽って日韓の紛争にさせました。朝日新聞は後になり、それを誤報と認めて取り消しをしていますが後の祭り記事を訂正、おわびしご説明します 朝日新聞社それどころか英字版では未だに「強制連行」という記事を垂れ流している。私の知る限り慰安婦に関しては賠償は行われてはいません。そもそも当初問題となった官憲による強制連行の証拠がなかった。河野談話では官憲よる拉致まがいのことが言及されたが、いわゆる白馬事件というオランダ人女性に対する組織的な強制性行の強要を念頭においたとされている。しかし、90年代にそういう忘れ去れていた一種の戦争被害に対して、お見舞い名目で基金のようなものが設立され、そこから補償金のようなものが支出された。それも、日本の社会党の議員が、もっといける、と韓国の女性などにも働きかけたんではないだろうか。女性たちやまたその周辺の連中は、更に要求をすることになった。この問題をこのまま簡単には終わらせないぞ、と決意したのか、それから日韓共同宣言以降も関係を深めていった両国に深い影を落とすことになったのもこの慰安婦である。慰安婦は明らかに日本のマスコミ勢力に作られた偶像であり、韓国はそれに便乗しているに過ぎない。また、韓国の方がむしろ独裁政治のもと朝鮮戦争などにおいて戦時女性売春を行う過程で強制連行めいた人狩りが行われていた可能性が非常に高いと思われる。それとも、強制連行によるいわゆる強姦的な非人道的なことですか!?それが、世界の常識です^_^v韓国側は強制連行と主張。証拠はおばあさんの証言のみです。お給料証明と募集の新聞広告など売春だった証拠はたくさんあります。そもそも皆、郵便局の通帳を持っていました。親が子を売り渡していた例はあると思いますが、強制連行の証拠はありませんし、米軍の調査書からなかったことは判明してます。>売春行為なら、賠償する必要ないですよね??それを払ったのが日本なんだな。それに何人も謝罪したのだから認めたと取られても仕方ない。鳩ポッポみたいな売国政治家が首相だった時期もあるしね。慰安婦合意は韓国への最後の手切れ金みたいなものですよ。アメリカから頼まれたのもあるし、あれを破棄されたらアメリカは本格的に日韓関係を諦めるきっかけになったし、今回の件でも仲裁しようとしないのです。韓国は怒ってるのではなく被害者ビジネスで金を盗るのと反日のツールでしかありません。今まさに徴用工問題でも同じことをしようとしてます。「謝罪と財団の金を出せば許す」と言い出してるのです。つまり少し払ったらそれを証拠にまた世論戦を展開して、日本が悪行を認めた!と更に被害者が湧いて出てきます。ここで述べられています。 12:20辺り、日本政府がどうして謝罪したか?産経新聞7月13日付に韓国?落星台ナクソンデ研究所の李宇衍イ?ウヨン研究員のインタビューが掲載されている。この内容が大変興味深かった。 徴用工や朝鮮半島出身労働者の賃金体系や労働状況を研究してきた李氏は、その結果を踏まえて、7月2日、ジュネーブの国連欧州本部で行われたシンポジウムで「賃金の民族差別はなかった」と発表した。それだけではなく、同氏は貴重な発言を行っている。すでに産経新聞に掲載されたものだが、そのいくつかを引用して紹介したい。 「徴用工問題で事実と違う情報が一般化しているのはなぜか」という質問には、「90年以上前に日本の新聞に掲載された韓国人ではない人物の写真が、韓国の教科書や博物館、メディアに『強制労役に動員されるわが民族』として出た。韓国人はその出所も知らず、『強制連行』や『奴隷労働』と認識している。当時の朝鮮人労働者は収容所で暮らしたのではない。賃金や待遇の差別はなかった」と答えている。これは研究者の貴重な証言と言うべきだろう。 「こうした誤りはなぜ起きるのか」という質問への回答も、なるほどと思う説得力のあるものだった。李氏は次のような要因を挙げる。「研究者やジャーナリスト、日本の知識人のゆがんだ歴史観が影響している」「日本の学会や知識人は、われわれが望みもしない同情心を持っている。そのため、韓国人が韓日の歴史をめぐり食い違った主張をしても、黙って聞いている。問題が深刻化した原因でもある」。確かにかつて、李氏が指摘するような日本の知識人は、「進歩的知識人」とか「良心的知識人」と呼ばれた。ほとんどすべてが左派陣営に属する知識人であった。また鳩山由紀夫元首相が訪韓し謝罪していることについても、「韓日関係のためにはならない」「問題の解決どころか、深刻化させている」と手厳しい批判を行っている。日本共産党や野党は、この李氏の言葉にこそ耳を傾けるべきであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です